色気を出すには

色気、と言うのはその人の「オーラ」と同義語だと思ってもらってもOKです。 良く、「エロい」と言う言葉と同義語として使われがちな「色気」ですが、 その言葉の重みは全く違うものです。 エロいと言うのは、すなわち率直に「性的なものそのもの」。 とにかく、言葉が軽いんです。 エロいって言われたら、女性は怒っても良いです、そして自分をもっと磨きましょう。 色気があるって言うのは、エロいと同様、「性的な意味」ではありますが、 コチラは「エロい」よりももっと深いですよ! 物質的に、胸が大きいとか足がきれいとか、外見がキレイならば即「色気がある」ではありません。 分かりやすく言うと、 「男性のエロい想像力を、どれだけかきたてられる女かどうか」 が、色気と言う意味になります。 以前違うコラムでも言いましたが、男性の恋愛は、 「その女性の事をどれだけ考えたか?」が本気度である、 と言う事です。 そして男性の「性欲」と言う物は、ただ卑猥で最低なものではなく、 恋愛、ひいては結婚にまで深く結びついているものです。 仕事を頑張る男性は、もう率直に言うと「カッコいい姿を女性に見てもらいたいから」 頑張る訳です。 そしてその「頑張り」のご褒美に・・・ムフフ・・・な事を期待してるって訳です。 違う言い方をすれば、男性は性欲の為に、「世の為人の為に」働いているのです。 それで世界は回っています。 そしてその性欲にエンジンを着けているのは私達女・・・ つまり、女性の「色気」が世界を担っている、と言っても過言ではないでしょう! と言う訳で、それほどにも「色気」と言うのは大切なものです。 さて、どうやったらその「色気」が出るのか?と言うと、 色気とは「隠す」事で出ます。 先ほど言いました様に、「どれだけ男性の想像力をかきたてられるか?」が大切なので、 想像力をかきたてると言う事は、全てを見せてはいけません。 それは何も、服の露出だけの問題ではありません。 知識、経験の引き出し、過去、人柄・・・など、色々あります、 そして単純に「体」だけでない方が上手く色気を出せるものなのです。



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -