彼氏と会う頻度

彼氏と会う頻度は、人により状況により全く違うので、 「人の平均とずれてるからダメなんだ!」なんて思わないほうが良いですよ。 例えば、大学時代に付き合っていた人は、同じ大学の同じ科、しかも下宿先まで一緒だったので、 嫌でも一緒にいたものでした。 そうかと思えば、旦那と遠距離恋愛をしていた時などは、いつもは電話やメールをしていて、会う頻度は良くて月1回でした。 この様に、状況状況に置いて、会う頻度は変わって来るものです。 どうしても物理的に近ければ会う頻度は高くなるし、 逆に物理的に遠ければ合う頻度は低くなるのは当然です。 また、人により「恋人と会う時間の大切さ」が違うものです。 恋人と同じくらい、自分ひとりの時間を大切にしたい人もいるだろうし、 仕事を頑張る事で恋人と会う時間を充実させたい人もいます。 (これは正しく旦那がこのタイプに当てはまります) ただ、問題なのが、「気持ちが通じ合っているかどうか?」と言う点だけです。 もしもそれほど好きでなくて、惰性で会っている場合、 「会ってやってる」と言う驕った気持ちが芽生える可能性があります。 そうすると、せっかく恋人と会っている時間も、お互いに取ってとてもつまらないものになってしまいます。 どんなに会う頻度が高くても、逆にどんなに会う頻度が低くてもどちらでも、 恋人に会う時間の充実感が低ければ、それはとても悲しい事です。 だって、「今会いたくない」でも「好き」でも「嫌い」でも、 お互い言いたい事が言えていない状態なのですから。 そんな状態で会うならば、むしろ別れた方が良いとすら思います。 大切なのは、お互いの気持ちが通じ合っているか、と言う事なので、 不安があるなら会いに行けば良いし、 満たされているならそのままで良いし、 そう言う「頻度」自体も2人で分かち合っていくものではないでしょうか? 頻度そのものを気にするよりは、言いたい事を言い合える関係を目指した方が得策です。 あなたは恋人に、言いたい事を言えていますか?



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -