シャイな男性の心理

シャイな男性って言うと、形式上(一応)私が付き合った一番初めの男性を思い出します・・・。 シャイではあったが、ずるい人でもありました。 「シャイ」って言うととても可愛いイメージがありますが、 もしかしたら「シャイ」と「ずるい」は表裏一体かも知れません。 まあ、「こんな人もいるんだ」くらいに、気構えずにお目通しください。 その男性は確かに、自分の気持ちを表現するのが苦手な様でした。 だから、「間に人を挟んで」私に対して言いたい事を言って来たのです。 それがとても「ずるい」と感じる部分でした。 その人とのお付き合いは、メールから始まりました。 形式は、「友達の紹介」です。 「友人からの紹介で来ました。メル友になってください」 と言う感じです。 その時は、とても形式ばったものだったので、まさか私を狙っているとは気付かず、 適当に1日1、2通返して終わり、と言う感じでした。 そしてしばらくして、その彼から「間違いメール」が来ました。 「○○ちゃんがなかなか返信してくれないよ〜寂しい!」 「?」と思ったが返信しませんでした、 その後にすぐ、「友達に送るメール間違えたよ、ごめん」と言うメールが来ました。 ですがそれも返信しませんでした(笑) そのうちメールをするのが嫌になった私は、携帯を変えたのですが その後に私の友達を通じて「連絡したい」アピールが来ました。 拒否し続けていたら、私の友達が「花火大会に行こう」と言うので一緒に行きました。 ・・・すると、そこにその「彼」がいました。 つまり、告白場所まで友達が設置したのです・・・! さすがに折れたのと、私もさみしかったのでお付き合いが始まったのですが、 付き合っている最中も「友達が」「友達が・・・。」 そして挙句の果て、別れた後も「友達のせいで」「お前のせいで」 と、ずっと人のせいにばかりしていました。 私が思うに、シャイな人って、全員が全員こうではないと思いますが、 自信のなさから、「自分で物事を決断出来ない」部分もあると思います。 「自信がない」=「自分を信じられない」と言う事なので、 一理あると思います。



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -