視線をそらす心理

人間は、好きでも嫌いでも視線をそらします。 その心理は、「逃げたいから」です。 嫌いな場合はもちろん、その人と一緒にいたくないから、 視線をそらします。そらすと言うか、そらす前に極力見ない様にするはずです。 好きな場合は、「相手に好きな気持ちを悟られたくない」とか、 「緊張してしまう」ので、その場にいられない、だから逃げたい、と言う 心理になります。 好きすぎると逃げたくなると言うのも不思議な心理ですが、 誰しも経験があると思います。 どうして好きな人に対し緊張してしまうのか、と言うと、 自分より魅力が上だ、と思っているからです。 人間は、男女関係なく、自分より上の人間に対し尊敬の意味も込めて萎縮してしまうのです。 その「萎縮」が、緊張と言う訳です。 そして緊張すると、「失敗した所を見せたくない」、「カッコ悪い所を見せたくない」 と言う気持ちが働きます。 そうすると、自分のカッコ悪い所が見られてしまう前に「逃げよう」、 と言う気持ちが働いてしまう、と言う訳です。 萎縮した状態では、本来の力は出せないですからね、 カッコ悪い姿を見せる可能性も高くなってしまうからです。 ちなみに、人が好意で「目をそらす」時には、右ななめ下を向きます。 これは自分でもそうでした。 なので、あなたと向かい合っていた異性が、ななめ下に目をそらしたら、確実にあなたに対し好意があります。 また、好きで視線をそらしているのか、嫌いで視線をそらしているのか、の見分け方については、 結構分かりやすいのであなたも分かるかも知れませんが、一応書いておきます。 視線をそらす事そのもので判断するのではなく、 普段の生活においてその「避ける」行動に一貫性があるかないか?で判断する事です。 いつもは話をしないで避けられているのにたまに優しい、と言うのはいわゆる「ツンデレ」、 あなたの事を好きと言う事ですよ。 避ける、目をそらす等の行動に一貫性がある場合は、 残念ながらあなたの事を本当に嫌っているからこその行動であります・・・。



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -