付き合うまでの期間

付き合うまでの期間ですが、これは本当に人それぞれの問題だと思います。 まず、人が出会った時、それが異性ならば、「この人は恋愛対象」「この人は恋愛対象外」と、 無意識のうちに選別されるそうです。 その「恋愛対象の広さ」が男女違うと言うのは有名な話で、 「男性は90%の女性が恋愛対象で女性は10パーセントの男性が恋愛対象」 と言われるのは、それだけ男性が惚れやすく出来ている、と言う事です。 そうでなければ、より良い遺伝子を持つ女性をいち早く自分のものにし、 自分の遺伝子を植え付ける事が出来なくなるからです。 それに対し、女性は恋愛においてスロースターターで、 男性に惚れられてから生理的に無理でなければゆっくり相手の事を知っていく、と言うパターンが多いのです。 そう言う事もあり、「この人が恋愛対象」と男性がいくら思おうと、 女性側が「この人は生理的に受け付けない」と感じてしまったら、 付き合えるものも付き合えない、と言う話になります。 良く言われる、「デート3回を重ねてから付き合う」と言う話はどう言う所から来ているのか、と言うと、 まずデート1回目で男性の人間性を知ってもらい、 デート2回目で女性の人間性を見て、 それで3回目でお互いの事を知ったからもっと深い関係になりましょう、と言う意味なのです。 その3回、と言うのは必ずしも厳密ではありませんが、 何が言いたいのかと言うと、 「異性としての性的魅力だけではなく、お互いの人間性を知ってから付き合った方が長続きし、上手く行く」 と言う事が言いたいのだと思います。 私が見て来た人達は、友達期間がいくら長くて人間的魅力をお互い知り尽くしていようと、 付き合わない人は付き合っていないし、 「え、もう?」と言う早さで付き合ってしまう人もいました。 そして自分も、どちらの経験もあります。 異性とのお付き合いのタイミングにおいて、 「性的魅力」と「人間的魅力」のバランスが5:5くらいになった時くらいが一番良いタイミングではないか、と 私は思うのです。



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -