友達の紹介で初メール

友達の紹介で出会った人の場合、どちらか一方が紹介を頼んで、 もう片方はそれに乗っただけ、と言う場合が多いです。 紹介ってそうですよね? どちらも熱烈に出会いを要望していて、紹介されたとしたら、 初メールの書き方どうこうなんて問題ではなくてすぐにくっ付いてしまうと思いますから。 なので、「紹介を頼んだ方」が、素直に自分がどうして紹介してもらったか、 また、沢山友達がいる中、どうしてその人を選んだのか、 を分かりやすく、かつしつこくなく、送る必要があります。 だって、送られる方としては、その紹介にただ「乗っただけ」なのですから。 ここから距離を詰めるには、下手な駆け引きは必要ありません。 むしろ、下手な駆け引きをしようものなら、より一層距離が広がってしまう恐れがあるのです。 「友達」と言うのは信頼で出来ています、 そして、「駆け引き」と言うのは本来、惚れていない方が惚れている側にかけるものです。 こちら柄が惚れていて紹介してもらっているのに駆け引きをする、と言うのは、 友達に対しての信頼も、そして本来の駆け引きの意味も無視している事になります。 そうするとどうなるか、と言うと、自然消滅して終わりでしょう。 私も、紹介でメル友が出来た事がありました。 結論を言うと相手の熱意に負けてお付き合いが始まったのでこれは成功と言えるのかも知れませんが・・・ 当時嫌な印象を持った事を中心に書いて行こうと思います。 まず、どうして私にメールをしたいのか、が分かりませんでした。 その時彼氏はいなかったのですが、私は絵描きを目指していたのに、 相手は絵とは全然関係のない人だったのです。 なので、初メールを送る時には、自分がどう言う人間で、 どうしてその人を紹介して欲しかったのか、をきちんと書くべきだと思います。 そして、その男性は、メールでは自分の話とアピールばかりで、 こちらの話はほとんど聞いて来ませんでした。 これでは、「相手が異性ならば誰でも良いんだ」と思われてしまうし、 自分の話ばかりで自分勝手な人、と言う烙印を押されてしまいます。 なので、初メールの時もそうですが、その後のメールでも言える事ですが、 相手に対しての質問も必ずする様にすると良いでしょう。 勢いだけで付き合えたとしても、結局長続きしません。 友達の紹介なら尚更、そこは気を付けるべき所だと思います。



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -