年下彼氏と結婚したい

年下彼氏と結婚したいと思っている女性に一言… 「男性側から寄って来た場合のみ、女性側もその男性と付き合うことを考えた方が良い」と思います。 本来の恋愛の形は、みんなそうなんですが… 普通、男性側から女性を好きになり、女性はその男性の良い所を見つけて好きになって行く… と言う形が恋愛の基本形ではあります。 年下男性とお付き合いをするにあたって、 付き合うまではそれをさらに慎重に時間をかける事をお勧めします。 男性の方が若いと言う事は、失礼な言い方ですがただでさえ女性側に不利なので…。 それで、付き合って時間を浪費して、結局何も残らなかった、と言う最悪なケースに陥る可能性があるからです。 …と、偉そうに言いましたが、私も年下男性とお付き合いをした経験があります(笑) その経験談から、お話しようと思います。

●始めは男性側のアピールを半分流す気持ちで

アピールされてすぐに女性が本気モードになってしまうと、 「年上のくせに楽勝!」と思われてしまいます。 これは男女関係なく、年下、年上、と言うのは、それだけで「価値」が変わってくるものです。 (悲しいけれどこれはホントです) 例えば同じ系統の顔のかわいい子が2人いたとして、(この場合、ソックリだと仮定します) 一方が20歳、もう一方が25歳、となると、その人への「見方」が変わって来ませんか? 歳が上のかわいい子だと、その「中身」が気になるものです。 年齢が上がるにつれて、「中身」の価値の高さが測られる様になるからです。

●心はなかなか見せない様にする

隠すものが多すぎると「怪しい」と取られてしまいますが、 大事な所だけを隠すと、「妖しさ」に変わります。 つまり、「色気」を感じる、と言う事。 隠しているものは見たくなるのが人の心。 特に男性の場合、「何を隠しているんだろう?」と思うと、 「完全に自分のものになっていない!」と焦り、 男性の方がどんどん本気になって行きます。 そのくらい夢中にさせた後じゃないと、年下男性は真面目に付き合ってくれません。

●若さに負け惜しみしない。

年下男性は年上女性の、経験と色気に惹かれます。 肌の質感、若さではどうしても若い女性に負けますが、 経験と色気では、どうしても年上女性が勝つのです。 「若い頃があって今がある」と言う自信があれば、 若さに負け惜しみなどしないはず。 負け惜しみをすると、「表面的な女性だなあ」と引かれてしまいます。 もし、負け惜しみしそうになったら、「○○君の為に若くいられる様に頑張るね!」 とでも言っておけば良いでしょう。



関連記事
結婚しない男の心理
結婚の男性心理
バツイチ男性の心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -