好きな人との間接キス

好きな人との間接キスは、普通であれば、大人になるにつれどうでも良くなって行く傾向があります。 間接キスで喜ぶのは、せいぜい中高生、もしくは、大人であればよほどウブな人、くらいでしょうか? 要は、「恋愛経験値」が高くなれば高くなるほど、間接キスでドキドキしなくなって来る、と言う事です。 旦那曰く、 「中学生の頃に間接キスなんかしたら、チ○子いじってペットボトルレロレロだよ!」 (※そこでペットボトル飲みながらチ○子いじるフリ) 私大爆笑!!! 「じゃ、大人になったらどうなるの?」 と聞いたら、 「唾液のついたただのペットボトルじゃん!って認識する」 と言っていました。 そして大人になると、恋愛初期段階においてそう言う事をする女性を、「小賢しい」とまで感じる様です。 しかし、間接キスをする側も、受け入れる側もそうなのですが、 「嫌いではない」と言う事を確認出来るくらいはあると思います。 嫌いな人であれば、例え間接であれ接触するのを嫌がるものですから。 ある掲示板を見たら、 「嫌いな人だと飲み会とかでみんなが食べるから揚げにレモンの汁かけられるだけで嫌だ」 …とまで言っていました。 それだけ、「接触する」と言うのは性欲云々抜きにして、嫌いな人と関わるのが嫌だ、 と言う事を表していると思います。 私自身も良く、人(男女関係なしに)に対して「これあげる」と言ってペットボトルやストローをさしたジュースなどをさしだす時があるのですが、 「この美味しさをこの人と分け合いたい」と思ってやっていたので、「間接キスに誘う側」も、 特に性的な意識はしていませんでした。 旦那に聞いても同じ答えが返って来ました。 要は、「間接キスをする側も受け入れる側も、恋や愛とまで行かなくても、ある程度の好意がある」 と言う事です。



関連記事
男性心理とキス
キスの相性
付き合う前のキス



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -