友達以上恋人未満のメール頻度

友達以上恋人未満の好きな人のメールの頻度は… 実はあまり考えなくても良いと思います。 恋愛の主導権は女性が握っている、と良く言いますが、 それは「女性が最終的に男性を選ぶ立場にある」と言う話であって、 男性の事を女性の方が好きな気持ちが大きい時には、 男性のモチベーションの方を大切にした方が上手く行きます。 下手に出る、とまでは行かなくても(むしろ下手に出る必要はありません) 「ある程度放っておく」と言うくらいの悠々とした気持ちでなければ、 「しつこい女」と言うレッテルを貼られて、いずれ「友達以下」になってしまうのです。 ものすごく勝手な話ではありますが、 男性は女性と同じ様にいつも恋愛の事ばかり考えている訳ではありません。 どう言う事かと言うと、女性は複数の事をいっぺんに考える事が出来るのです。 なので、○○君の事を考えながら料理や仕事をする事も出来るし、 電話をしながら文章を書くことだって出来るのです。(私の事です(笑)) だけど、男性は、一つの事を考えたら他の事を考えられなくなるのです。 なので、恋愛の事を考えている時には恋愛の事を、 仕事の事を考えている時には仕事の事を考えます。 そう言う意味で、男性にも恋愛のバイオリズムが存在するのです。 頻度は、決めなくても良いと思います、むしろ決めてしまうといずれ「ノルマ」みたいになって、 メールをするのが嫌になってしまうから。 頻度と言うか「時期」。 ああ、この人はこう言う時にこの時期にメールが来るな、と言う不定期の一定したリズムを 捉える事が出来れば、女性側もどーんと、構えていられます。



関連記事
男性の好意のメール
男性の脈なしメール
好きな人がメールを無視



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -