好きな人へのメールの頻度

メールの多さは、「その人に対する興味の度合い」です。 なので男女2人のうち、好きな度合いが高い方が必然的に相手にメールを送る頻度が高くなります。 「好きな人は自分の事をどう思っているんだろう?」と悩んだ時、冷静にメールの量に注目してみましょう。 内容は問題ではありません、メールの「量」です。 これが、自分の方が多ければ、あなたの方が相手の事を好き、と言う事になります、 悲しいけれどもそうなんです。 好きな人に対してメールをする頻度、と言うのはどれだけ送ったら良いか、と言う問題ではありません。 つまり、「頻度」は存在しないのです。 週2、3回送れば良い、とか、毎朝メールをすれば良い、とかそう言う問題ではないし、 そんな「恋愛の公式」は存在しません。 じゃあどうすれば良いか?と言えば、相手の心を掴むメールを1回すれば良いのです。 そのポイントとなるのは、「相談」「褒める」「応援」の3点です。 相談と褒める事のテクニックについては、以前のコラムで書いたので、今回は「応援」 についてお話ししようと思います。 相手の為になる事、とは、相手を良く知る必要があります。 その人がどんな状況で、どんな夢を持っているか? ちょっと話が逸れますが、今「引き寄せの法則」と言うものがとても話題となっています。 自分が叶えたい夢や欲しい物を具体的に考えていると、それが叶う、と言うシンプルかつ斬新な人生哲学です。 それによると、「メールをする時には、『繁栄のイメージを相手に伝える』」と言うものがあります。 そう、人間は誰でも、「繁栄したい」と言う欲があります。 その繁栄とは、子どももそうですが、お金、異性、洋服など様々な事含まれています。 簡単に言うと、「自分はあなたの為になる人間ですよ」と言うイメージをメールで伝えると言う事です。 相手が持つ願望を、ちゃんと理解して的確なメールを打てば、返信がすぐに返って来るはずです。 自分の方がメールが多い、と言う事は、相手はあまりメールをしたくない、と言う事です。 いくら「相談」「褒める」「応援」のメールを送っても返って来ない場合は、 「放置」と言う手を使いましょう。 時間を置く、と言う事は、意外と効果があるものなんですよ! 最大1か月くらい放置して、その間に自分を磨く。 ちょっと精神力のいる事ですが、 やってみると相手の反応が格段に変わって来ます!



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -