メールを無視する心理

メールを無視する心理は、あなたが異性に対してするのと一緒です! これに関しては、男女平等と言うべきでしょう。 基本的解釈は「お前もうメールいい加減にしろよ!」と言うメッセージです。 この心理を自分の都合良く受け取るのは勝手ですが (照れてるからメールしないんだ!もっと情熱的になってもいいのに☆みたいな) バンバンメールをしていると、しまいにはメールアドレスを変えられたり、 拒否設定にされてしまいます…。 しかし、メールを無視されたその後のフォローによってちょっと判断が変わって来ます。

●その後に電話が来た

これが一番「あなたに対して誠意がある」フォローです。 この場合のメールの無視は単純に忙しかった、と言う場合でしょう。

●その後にメールが来た

「ごめん、寝ていて気がつかなかった」などのフォローメールが多いでしょうが、 まあ大抵は「寝ていた」なんて嘘です(笑) 面倒くさいからメールしたくなかった、と言う事でしょう。

●何の音沙汰もない

これが直に、最初に言った「お前もうメールいい加減にしろよ!」 の心理です。 この場合、自分の感情ばかり押し付けている可能性がありますよ。 もっと冷静になって、メールをしない期間を設けましょう。 メールは、確かに返信が遅い人もいますが、 好意のある人には少なくとも3日以内に返すのが人間の心理だそうです。 もしも相手から電話やメールなどの何のフォローもない場合は、 あなたに対して「気がない」と言うメッセージなのです。 きつい言い方ではありますが、「うっとうしい」、「メール来すぎて怖い」 とすら思われている事もあります。



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -