遠距離の片思いで告白

遠距離恋愛で片思いをしている相手には、まずは告白とまで行かなくても良いから、 さりげなくでも相手に自分の気持ちに気付いてもらう事が大切になります。 相手に気持ちを気付いてもらう事は、遠距離恋愛をする上で非常に大切な事です。 近くにいる人の方が恋愛成就しやすいので、「あえて告白をしない」「じらす」など、 回りくどいテクニックも有効ですが、 遠距離恋愛をしている場合、多少強引だろう!と言うくらいのアタックが良いです。 恋人と別れた原因で必ずトップに上がるのが、「遠距離になったから」と言う理由です。 そのくらい物理的な距離と言うのは、恋愛において大切なものです。 「単純接触の法則」と言って、顔を合わす頻度が高いほど恋愛関係に陥りやすい、と言う心理学の法則があります。 なので目当ての人の近くにいる異性はただでさえ有利です。 遠距離恋愛で縮められる「距離」は、「心の距離」です。 遠距離の良い所は、相手を「非日常の相手」として認識する事です。 これは悪く言うと「日常的な相手ではない」と言う事にもなってしまいますが、 非日常の相手だからこそ、心を見せられる、と言う部分があるのも確かです。 距離が縮められる所で効果的なのは、「ネットや電話、メールなどの通信機器を多用する」事。 これは必ずしてください。 そうでなければ、相手の心からあなたが忘れ去られてしまいます。 SNS、テレビ電話、ブログ、電話、メールなど、接触出来る部分をなるべく増やしましょう。 話をする内容は、何でも良いのですが、あまりリアルに暗い話は避けましょう。 特に金銭がらみのトラブルの話は禁物です。 「関わり合いになりたくない!」と思われてしまいます。 合える時は、お互い目標を決めて、それが達成できたら会う、などすると、 「お互いに成長できる相手だ」と見なされる様になります。 遠距離恋愛をするなら、とにかく心を広く持つ事。 相手のちょっとした浮気なんてものは目をつぶりましょう。 それが嫌なら、付き合わないか、無理してでも相手の近所に引っ越したほうがいいかもしれません。



関連記事
視線をそらす心理
頭をなでる心理
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -