男友達から告白されたとき

「友達になろう!」と男性にいきなり言われて、友達になった事があります。 が、大抵「友達」が長く続いた試がありませんでした。

必ず、「好きになった、付き合って」・・・と告白されるのです(--; 「最初に友達って言ったのはそっちじゃん!約束が違う!!」と、 理不尽さで怒り爆発だったのですが、 31歳になった今振り返ると、年頃の若い男女に「友達」ってありえるんだろうか? と考えてしまいます。

人間的に熟した、性的にも勢いの無くなった中年世代くらいだと、 「異性間の友達」ってのもありえると思います。

その頃には、家庭も子供もあり、酸いも甘いも経験して来た、 ある種の「同朋意識」が芽生えやすいですし、 お金に余裕もあれば、習い事を習っている先で、気の合う仲間も見つけやすいですから。

けれど、10代〜20代の精力的にも若い年頃の男女に、本当の意味での「友達」なんて・・・??

私が思うに、若い頃の「男友達」「女友達」って言うのは、 「恋人候補」なんだと思います。

特に、先に「友達になろう!」と言い出した方が、 そのターゲット(言い方悪いですね(^^;))を最初から「いずれ恋人にしよう」 と、狙っている疑いがあります。

「友達」と言って近づけば、言われた方も警戒心なく、心を開いてくれやすいですし、 恋人候補としての一番近い距離に存在しやすくなります。

私に対して、「友達になろう!」と言って来た男性で、 本当に「友達」になれた人なんて、「0人」でした。

寂しい話ですが、本当です。

私は友達が少ないので、友達になろう、と言われた時は嬉しくて、 好きな音楽の話を聞かれたらいっぱい話したりしたのですが、 自分としても今考えてみても「若者にとっての『友達』と『彼氏』の垣根ってなんだろう?」 と思ってしまいます。

彼氏って言うのは、「異性の親友」の様なものですから、 異性で「友達になる」って言うのはどうしても恋愛に結びついてしまうな、と思います。

なので、あなたに対し、「友達になろう!」と近づいてきた時点で、 最初からあなたを狙っているのですから、「男友達に告白された」のは、 何ら不思議な事ではありません。



関連記事
男友達とデート
男性とのメールの頻度
男友達とキス



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -