草食系男子の本音

自らを草食系男子だ、と豪語する旦那に、「本音」を聞いてみました。「本音」は時に人を傷つけるものです。

私「草食系男子なんているの?」

旦那「単純にイイ女がいないだけじゃない?草食系男子って言うけど、いつもはがっつく程の人が居ないから受身だって言うだけで…『あ、この人!』って人が見つかったら、重い腰をあげて攻める体制に入るもんだよ。」

そう、私もいつも思っていました、草食系男子なんて本当はこの世にいないんじゃないかって。 人間の三大欲求である、性欲は、確かに一時的に抑えた位では死に至りません。 食事や睡眠は取らないと死んじゃいますが。だけど、性欲は自律神経が司っているので、後々の寿命の長さに関わると言う事はすでに証明されているらしいです。 それに何より、人間を含めた動物の生まれて来た一番の目的は、「子孫を残す」ためだと言われています。 そんな私達が「草食系男子」なんて言葉を生み出したのは、何が原因なのでしょうか? 結婚適齢期の方々の、「生涯独身率」が上がって来ているのだそうです。 独身貴族だなんて言って、昔は珍しがられたものですが、今は未婚の人は珍しくない状態なんだとか。 SNSや掲示板の、結婚にまつわるテーマのスレッドを見ていて、あまり見たくないはない男性の本音を見てしまいました。 「今は電子レンジも掃除機も、コンビニ弁当もある。嫁さんがやっていた事は、今はボタン一つで、コンビニ一つで全て何とかなってしまう。なのに女を『飼う』事に何の意味があるの?負担が増えるだけ。」 「すごいリアルな可愛い抱き枕とかあるじゃん。性的欲求を満たそうと思ったら、今は生身の女なんて要らない時代だよね。」 …そう、世の中が便利になり過ぎて、相手を必要としたらボタン一つで、お店一つで、ネット一つで何とかなってしまう 時代になってしまったから、と言うのは「男性の恋愛離れ」が進む大きな原因だと思います。 人間は、「必要性を感じない」モノには情熱的にならない生き物です。 生命の危機を感じる時が一番情熱的になれるもの。 だけどその必要性がないので、女性に興味がなくなってしまった、と言う訳ですね。 男性側からしても「草食系男子」と言う言葉は便利なものだそうです。 興味のない女性に言い寄られた場合、「体よく」振る事が出来る言葉なんだとか。 本音としては、草食系男子にも欲求はあります。 だけど、自分が行動してまで手に入れたい女性がいないから、と言うのが一番の本心なのかもしれません。

女性たちが「いい男いない」と言っているのと全く一緒ですね。



関連記事
男性の脈なしメール
男性の脈ありメール
毎日メールの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -