目をそらす心理

目をそらすのは、心理的に劣等感を抱いていたり、やましい気持ちを持っている時に起こりがちです。

●劣等感を抱いているとき

この場合の劣等感とは、相手を好きな場合に限定してお話します。 好きな人に劣等感を持つなんて、どうしてそんな事になるのか?と言うと、

自分<<<好きな人

と言う図式が出来上がってしまっているので、 自分よりも価値の高い好きな人に自分の弱みを見られると恥ずかしい! という思いから、目をそらす事があります。 人は、常に人からの視線を意識しながら生きています。 特に異性からの視線は強烈に意識してしまうものです。 異性の中でも自分の中で一番価値が高い好きな人の視線ならなおさらです。 「イケてる自分を見せたい!」と言う気持ちが強いばかりに、 あまり自信のない自分は隠そうとします。 「目は口ほどにものを言う」ということわざの通り、 目はどうしても考えている事が出やすい器官です。 目を見られたら、相手を好きな事がバレてしまうんじゃないか…? そうなると、嫌がられたり避けられたりするかも知れない。 もしかしたら振られて、2度と近くに居られないかも知れない! そうなるのが怖いから、目をそらすのです。

●やましい気持ちを抱えているとき

この場合のやましい気持ちとは、相手を嫌っている場合なら、「関わりたくないな…」と言う心理状態になります。 関わりたくないという嫌な気持ちを、相手に知られても相手が傷ついてしまうので、 目をそらす事でさり気なく意思表示しようとします。

好きか嫌いか、正反対の気持ちから起こる「目をそらす」と言う行為。

好きなら天国、嫌いなら地獄と言う感じですね。



関連記事
男性のしぐさの心理
じっと見つめる心理
付き合うまでの期間



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -