プリクラの落書き

プリクラに落書きする時、何と言っても外せないのは「日付」です。 別に何の記念日でもなくても、撮った日付を書き込むと、後で見返した時に 「ああ、あの頃はこんな事があったっけなあ」と懐かしく思い出すことが出来るからです。 日付を書く時には、○月○日、だけではなくて、○年○月○日と言った様に、西暦や年号まで入れちゃうと良いでしょう。 (そうでないと「あれっていつの事だったっけ?」と忘れてしまうからです(笑)) 特に私の様に三十路を過ぎると、細かい事は2〜3年飛ばしで思い出すようになります(涙) 大体みんな、西暦や年号は、「自分が○○歳の時」と覚える様になっているので、 年を書くだけで「あ!23歳の時のだ!」と言う感じでパッと思い出せる様になりますから。 …日付を書くのは未来の自分への思いやりだと思って(笑)、プリクラに日付は必ず入れておきましょう。 その他、「ラブラブでーす?」なんて言った落書きは照れくさかったので、 そう言うのは全部プリクラのスタンプ機能にお任せしちゃってました。 最近のプリクラなんて特に、女の子特有の可愛い文字で、 「仲良し?」「ずっと一緒?」なんて書かれてあるのがあって便利じゃないですか。 自分で書く場合は、その日あった事を書くようにしていました。 「渋谷でデート?」「仕事打ち合わせ帰り」みたいな感じで(笑) 何はともあれ、後でプリクラを発掘した時に、「あの時のだ!」と瞬時に分かった方が、 撮ってる時も楽しいし何年後かに振り返った時も楽しくなると思います。



関連記事
彼氏とプリクラ
付き合い始めの会話
彼氏が喜ぶメール



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -