告白を保留にする心理

告白を保留にする心理は3つあります。

1)もったいないからキープしとこ

2)まだそこまで恋愛感情が高ぶってない

3)体よく振っている

この中で一番付き合える可能性が高いのは2です。 この場合の保留は、本当の意味での「保留」なのです。 恋愛は、男性が惚れてから、女性はゆっくりスタートする、と言う形が自然です。 と言うのも、男性はいち早く良い女を見つけて、ライバル(他の男性)よりも早く手をつけなければ、 遺伝子競争に負けてしまうから惚れやすく出来ているのです。 それに対し、女性は、アピールして来た男性を品定めする傾向があります。 品定め、と言うと悪く聞こえますが要は、 「この男性は自分や生まれる子供をちゃんと守ってくれるのだろうか?」 としっかり吟味しなければいけないからです。 なので女性は男性よりも惚れにくく出来ているのです。 2の場合、男性の恋愛感情が高ぶっているのにまだ女性が恋愛感情をそんなに持っていない段階なので起こります。 この場合は、ゆっくり待ちましょう、恋愛感情をゆっくり育てましょう。 問題は1と3です。 1は、いわゆるモテる人に多い心理ではないでしょうか? 色々な人にアタックされている状態だと考えられます。 保留、と言いながら色々な異性を天秤にかけている状態です。 3は、断りきれない気弱なタイプに見られる傾向です。 ちゃんと振ってしまうと、自分が悪者になってしまう・・・ それを避ける為に、「考えさせて」と言う事でフェードアウトさせようと言う魂胆があります。 見極め方としては、保留後相手がどんな行動に出るか?で判断します。 異性として意識している感じがしたら2の可能性大、 これまでと変わらず友達としての態度ならば1の可能性大、 仲良くどころか避けているのなら3の可能性大、です。 保留と言う言葉には裏があります、 その裏をきちんと読んでみましょうね。



関連記事
好き避けの特徴
好きな人の前での態度
メールが来ないと脈なし



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -