告白失敗後

告白は男女構わず、日常的にしている私にとって、 告白失敗なんて大した損害は被りません。 中高生の頃なら分かります、相手を異性として認め、自分がこの性別である、 と言う事に目覚める時期ならば、みんながみんな人の恋愛や恋愛感情に敏感になるし、 たちまち噂にもなってしまいますからね。 色々試行錯誤して来て私が編み出した策としては… 「最初から告白キャラになってしまう事です」! いわゆる軽いノリの人?まあそうとも言えます。 ここで注意して欲しいのが、告白するのを男性だけに留めない事。 クラスメイトの女の子にも「好き好き大好き!」と言ってしまうのです。 そうすると、クラスメイトの仲も良くなれるし、相手だって嫌な気はしないでしょう。 そして同性から拒まれたら、「あーあ!振られちゃった!」と言って、 「告白惨敗キャラ」も作ってしまいます。 これが上手くカモフラージュしてくれます。 本当に好きな人に告白する時にも、周りが「まーたいつもの告白かあ!」 と言う目で見て、あまり騒ぎを大きくしません。 しかし、本当に好きな人には軽いノリではなく、きちんと告白をします。 何故なら他の人にする「告白」は、カモフラージュだから。 それでも失敗してしまったら…? 告白失敗後も、こんなメリットがあります。 その異性と、なんだかんだずっと仲良く繋がっていられるのです。 その間、自分は恋心を利用して自分を磨く事が出来ます。 告白と言うモノを大きな儀式として捉えなければ、 失敗したからと言って大ニュースになる様な大きな変化もありません。



関連記事
告白を保留にする心理
勘違いするボディタッチ
恋の病の治し方



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -