恋の病の治し方

私も恋の病にかかりやすい性質があるので、この悩みは良く分かります(^^; むしろ私の性格は、「恋の病を利用する」ぐらいの変態です。 なのでこの手の恋愛相談はとても得意分野であります! 恋の病の治し方は、「その煮え切らない思いを自分のしたい事にぶつける事」です。 心理学では、これを「昇華」と言います。 恋って自分でも「え、ここまで!?」と思うほどの、ものすごいパワーが出るモノなのです。 自分がそこまでくすぶっていたとは…と、自分のしたい事に結果が見え始めると、ちょっと怖くなる程です。 そんな莫大なパワーを、現時点であまり見込みのない相手にだけ使うのはホント、時間と労力の無駄。 「相手は自分の事を好きなんだろうか?」 「前あの人が言った言葉って本当はどう言う意味だったのだろうか?」 など、心に引っかかる部分もあると思います、ですがそう言う引っかかりもとりあえず置いておきましょう。 どこへ置いておくのか?「心のスミに」です。 むしろ、相手が自分以上に自分の事を好きにならせてみせる… 前あの人が言った言葉以上に分かりやすくて嬉しい言葉を言わせてみせる… くらいの気持ちに切り替えるのです。 「何も手につかない」状態ならば、1mmでもまずは「手を動かしましょう」! 勉強する気になれないのならば、とりあえず「今日は鉛筆を持ってみる。」「明日は机の整理整頓をしてみる。」 その位から始めるだけで良いです。 人は3ヵ月すると、生まれ変わるんだそうです。 とりあえず、続けてみましょう。 3ヵ月後に、勝手に自分の中で相手とのデートを「脳内予約」します(笑) 自分を騙すのです。 そうすると、それに向けて頑張れる気がしませんか? そして頑張って目標を達成すると、自分を騙したはずだった「脳内予約」は、いつのまにかどうでも良くなっていたり、 やっぱり忘れられない相手だった場合、予約成立して本当になる事も多いのです。



関連記事
視線をそらす心理
じっと見つめる心理
鼻を触る心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -