シャイな男性の好意

「シャイな男性」とあなたが決め付けているだけで、実はそうではないかも知れません。 もしくは、本当にあなたの事が好きで、本当にシャイなのかも知れません。 また、本当はプレイボーイなのにウブな感じに見せればモテる、と思っている「えせシャイボーイ」かも知れません。 そのくらい、「シャイな男性」と言うのは分かりずらいものです。 それが本当か嘘か?もそうですが、 脈があるのか?ないのか?もとても分かりずらいものです。 そもそも、本人もそれを隠しているから見ている周りの人はますます分からないのです。 こう言った場合、まず「好意があるであろう糸口」を探す事から始まります。 良くあるのが、好意は決して言わないが気付いたらいつもそばにいる人。 「あ、いつもそばにいると言う事は私と話したいんだな」と思って、まずは挨拶でも良いので話しかけてみましょう。 そうやって行動した時、それが本当に好意なのか?好意じゃないのか?が見えて来ます。 そこで本当に避けたら、次は好き避けか?それとも本当に自分を嫌っているのか? を判断しなければなりません。…面倒くさいですね(^^; 好き避けと本当に嫌っているかの見分け方は意外と簡単です。 その「嫌っているらしい」行動に一貫性があるかどうか?で判断するのです。 たまに挨拶してくる、たまにフレンドリーになる、こう言う行動は好き避けです。 ずっと無視されている、話しても事務的な話のみ(仕事で言う「ほうれんそう」)で終わってしまう、 こう言う行動は本当にあなたを嫌っています。(失礼!) あと、シャイな男性に一貫して言えるのが、もしもそれが恋愛に発展する時にも、 ゆっくりスローペースな恋愛を好んでいる、と言う事です。 シャイな男性には、まずこちらから行動するしかありません。



関連記事
シャイな男性の行動
シャイな男性の脈ありサイン
ボディタッチで意識させる



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -