倦怠期のイライラ

倦怠期のイライラ…ああ、ものすごく分かります(^^; 独身時代、私の恋愛は概ね3年クールでした。 3年過ぎた頃に、イライラに耐えられなくなり別れるのです。 ずっとその繰り返しで来ました。 「どうして3年経つとイライラしちゃうんだろう?相手の一挙一動にムカついてしょうがない。」 と人に話したら、「それは倦怠期って言うんだよ。」と言われて初めて、 それが倦怠期だ言うのだと認識しました(笑) 幸い、旦那とは3年過ぎました。 そしてもちろん、倦怠期はありました。 でもそれを乗り越えたので、やっと本当の意味で皆様にアドバイスをする事が出来ます。 恋愛感情は、3年経つと薄れると言うのは本当の事らしいです。 と言うのも、恋をしている時は脳内麻薬PEA(フェニルエチルアミン) と言うモノが出ているらしいのです。 しかし、この脳内物質は、ずっと出過ぎると命の危険にさらされてしまいます。 何と、この物質の過剰分泌により、脳の一部が破壊されてしまうのだとか!? それを防ぐ為、3年を目処にフェニルエチルアミンの分泌は減少に向かいます。 そうすると「恋に恋している状態」から冷めて行くのです。 これが倦怠期の正体です。 では何故3年なのか?と言うと、恋をして順調に子供を生んで3年、と言うと子供は大体2歳になった頃です。 このくらい成長すると、何とか女性一人でも育児をやって行けるので、 酷な話ですが、その男性は「不要」と言う事になります。。 そして、男女は別れ、次のパートナーを探す、と言う様に出来ているのです。 種の違う遺伝子が沢山ある程、優秀な子孫を残せますからね…。 あ、これは人権云々とかそう言う問題ではなく、「そう言うシステムが私達の遺伝子に入っている」 と言う話ですよ!!! 話を戻しましょう。 それでは、冷めて来た恋はもうどうしようもならないのか?と言うとそんな事はなく、 今度は恋ではなく「愛」に変わって行くのです。 つまり、本能ではなく理性で恋をする、と言う事。 その切り替えの過渡期が「倦怠期」の正体なのです。 そんな倦怠期の時にオススメなのは…ズバリ「浮気」です。(ゴメンナサイ) 体の関係まで行かないにしても、他の異性とプチデートくらいなら大丈夫でしょう。 ときめきを他の異性に向けつつ、パートナーとは冷静に今後を前向きに話し合う。 要は気持ちの使い分けです。 これが、私が経験した倦怠期の乗り越え方です。 あなたの倫理観に反する様なら、参考にしなくても良いですよ、、(^^;



関連記事
彼氏とうまくいかない
自然長滅の心理
振られる前兆



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -