待ち伏せする男性心理

多くの女性にとって、なかなかわかりにくい男性心理の代表は「待ち伏せ」かもしれません。

男性は好きな女性を待ち伏せすることがよくあるのですが、もし自分が待ち伏せされたらどういう気持ちになりますか。

正直キモいですか?引きますか?ストーカーみたいでちょっと怖いかもしれませんね。

何されるかわからないしですもんね。

男性が待ち伏せするのって実は理由があるんですよ。

男性でも好きな女性にドンドン話しかけられる肉食系みたいな男らしい人もいますが、シャイな男性だと好きな人がいてもなかなか話しかけられないんですね。

友達ならあいさつしたりメールぐらいはできますが、知り合いぐらいの間柄だったり、全く面識がないのにかわいい女性に一目惚れ状態だったりすると、話しかけたくてもきっかけが全然無いですよね。

大好きだけど話すきっかけがない。

こういう時、相手にアプローチする方法で思いつくのは共通の友達に連絡先を聞いたり、ラブレターを渡すことぐらいですかね。

男性ならナンパとかするのかもしれないけど、普通の男性はナンパなんてしませんからね。

ナンパなんてしたら女子から軽蔑されるのが目に見えてますから。

知らない女性にアプローチしたくてもできない男性がそういう時に取る行動が、実は待ち伏せなんです。

声を掛けたくてもかけられない。

かと言って、何もしないのももどかしい。

何か行動を起こしたいけど、勇気がないからなんにもできないもじもじ君状態の男性が、待ち伏せして好きな女性のそばに行こうとするんですよ。

全く喋る気はないかもしれません。

何かのタイミングをうかがって声をかけようとしてるのかもしれません。

声をかけられなかったら家に帰ってから、「クソ、また●●ちゃんに声をかけれなかった!」って悔しがってるかもしれませんが、声を掛けたくてかけられない臆病者の男性が待ち伏せしたり、ストーカーっぽくなるっことは頭に入れておいて損はありませんよ。

関連記事
春デートのファッション
男性が好きな服装
香水の男ウケ



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -