回避依存症になる原因

回避依存症になる原因は幼少期の頃の原体験、育ち方にあるとされています。

回避依存症の特徴は深い仲になると人間関係を避け始めることですが、これは幼少期の特に家庭環境の中で培われます。

子供にとって親の深くて大きな愛は非常に重要なものですが、これがあまりに過剰なものになると愛されることが邪魔だ、ウザったいと感じるようになってしまうのです。

愛されることへの嫌悪感、愛に対しての拒絶反応が幼い頃の育てられ方で培われてしまう。

大変不幸なことですが、親からどのように愛されたかは大人になってからどのように人を愛するか、愛されるかというところにまで影響を及ぼします。

親から過剰なまでの愛を受けてしまうと回避依存症になるとされるのですが、過剰な愛というのは母親が息子にかまってばかりで何でも言うことを聞いてあげて、中学や高校になっても子離れできない、子離れできないから親離れもできない。

そうすると、異性との距離感の掴み方がいまいちよくわからなくなります。

普通の子供は中学・高校ぐらいの時期になれば反抗期になって親のいうことに逆らうようになります。

それとちょうど同じ時期くらいに同年齢の異性が好きになります。

母親や父親に変わってクラスメートの女子や男子のことが好きになる。

これが正常な異性関係の変遷なのですが、子供の頃に過保護な教育を受けてしまっていつまでも親離れできない、親も子離れができないような環境で育った子供は、大人になって回避依存症になることが多いんです。

関連記事
彼氏がウザい
彼氏が重い
彼氏が冷たい



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -