毎日lineはどうなのか?

もうすっかり通信手段がメールからlineに変わった昨今で、みなさんも毎日のようにlineしていると思います。

特定の友達の場合もあれば、彼氏や彼女だったり、もしかしたら気になる異性と毎日lineしてるって人もいるでしょう。

好きな人と毎日lineできる人はとても幸せな人ですが、もしかしたら特定の異性の友達から毎日line来てるって人もいるんじゃないですか?

さてさて、異性の友達が毎日lineを送ってくるのはどういう心理なのか?

ほとんどの場合は、あなたはその人に好かれていますよ。

嫌いな人に毎日lineする物好きなんていませんから。

好きだからこそ毎日くだらないスタンプを大量に送ってくるんですよ。

あなたも好きな人がいたら毎日でもlineやりたいって思うでしょう。

lineの数は好意のあかしだと思ってください。

毎日メールなりlineを送ってくるのは、毎日会いたい、毎日会話したい、毎日君のこと考えてるよって言ってるようなもんです。

では、あなたに好きな人がいるとして、その人に毎日line送るのはどうでしょう。

ちょっと重いかもしれませんが、会話のネタがあるなら送っても大丈夫です。

スタンプをきっかけに「地獄のミサワのスタンプ偶然手に入れたんだけど、よかったらあげるよ!」とかでもいいんじゃないですか。

そんな些細なことでもlineなら送れちゃうから便利です。

もちろん重く思われるリスクもありますが、付き合いたいならどっかで自分の気持ちを打ち明けるタイミングが来るんだから、lineの段階で重いって思われるなら最初からその程度だったってことです。

自分の立場から考えればわかります。

好きな人なら毎日メールだろうがlineだろうが電話だろうが嬉しいですよね。

喜んで返信しますよ。

嫌いならウザい、返事したくない、社交辞令、なんなら未読無視、ですよ。

既読すらしない。

既読無視すると「なんで返事してくれないのー」とか来るし。ああウザい。

そういうわけで、異性と毎日lineするのはハイリスクハイリターン。

ハイリターンっていうのは付き合えるかもっていうことです。

恋のライバルがいても、毎日すればこっちの方が一歩早く惚れさせることができるかも。

ハイリスクってのは、嫌われるかもってことです。

ハイリスクなものほどハイリターンです。

世の中うまい話はないですね!

関連記事
元彼がメールしてくる心理
男性心理とキス


別れた後の男性心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -