男性の好意のサイン

「可愛いですね。」 「・・・っは?」 「いや、あのワンちゃん。」

今から5年前、愛犬コーギーの散歩をしていた時、 散歩途中に必ず立ち寄るコンビニがあって、 そこでコンビニの店員さんに、レジでいきなり言われた言葉です。

男性の好意のサインとして、「女性本人じゃなくてその周辺を褒める」と言うのがあります。

例えば、あなたが音楽をやっているなら、その音楽のジャンルを褒める、 絵を描いているならその女性が好きな画家を褒める、 旅行が好きなら、その女性の好きな観光地を褒める、など。

何でそんな周りくどい事をするかと言うと、 直接的にあなたを褒めるよりも、 あなたに関連する物事を褒める事により、 あなたの方からその男性に惚れてもらおう、と言う心理が働いている為です。

「私と共通点が多いわ、この人」と思ってもらい、自分に興味を持ってもらおうとしています。

前もって、女性の趣味や特技についてをリサーチし、 女性の好きな本、好きな作家、好きな食べ物・・・など、 とにかく女性の好きな物事について肯定し、褒めます。

さりげない感じで話題を振って来る事が多いです。

あくまで女性が好きな物事を「元々俺も好き」と言うさりげない形で、 女性に近づいて行きます。

結局、先ほど言った、コンビニの店員さんは、 私が愛犬と共にコンビニに立ち寄るや否や、 店番をほったらかしにして、外に出て来る様になりました。

そのうち、話の内容が犬から「君の住んでいる所」に・・・

「俺は〇〇に住んでるんですよ、君は?」 と来て、気持ち悪く感じた私は、 次の日から散歩コースを変えて、しばらくそのコンビニに行きませんでした。

意識的にか無意識的にか、とにかく距離的に近づこうとします。

それで女性と仲良くなれたら、 次の段階として、用がある時に、 女性の肩に触れたり、挨拶する時に背中をつついたり、 とさりげなく触って来ようとするそうです。

人によるそうですが、下の名前やニックネームで呼んだりもあるようです。



関連記事
好きな人の態度と視線
本命に対する態度
男性のしぐさの心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -