結婚の男性心理

本気で男性心理が「結婚したい」と思う女性が現れた時って、 女性に対して誤魔化したり嘘を付いたりする事は絶対にありえません。

何故そう言えるかと言うと、男性側も、結婚に「覚悟」を決めているからです。

例えば、結婚式場について自分から調べて資料を取り寄せたり、 付き合いが始まって頃合いを見てすぐに男性側の両親に会わせようとしたり、とても積極的な行動をします。

私は、今旦那がいるのですが、この人と出会ったのは何とSNSでした。

それまで、ずっと彼氏はいたのですが、私は絵描きと結婚したいと言う思いがあって、 私の方にも「何かこの人は違う・・・。」と言う違和感があったのと、 彼氏の方にもそこまで結婚の意思が見受けられなかったのもあって、 結局別れてしまいました。

その時の彼氏の行動と、旦那の行動はとても対照的で、 これから結婚を考えている方の参考になるかと思います。

●元彼の場合

  • 家に行っても上がらせない
  • 親に会わせようとしない
  • 「結婚しよう」と口ばかりで、実際に動かない

●旦那の場合

  • 同棲が始まる前に親に伝えた
  • お盆、正月など大きな休暇のタイミングで実際に親に会わせに行った
  • 結婚が決まったら、すぐに色々な段取りを取った(両親顔合わせの日取りや入籍の日時など)

結婚を意識した時、お互い遠くに住んでいる等、結婚に不利な条件であったとしても、 歩調を合わせて、会える日や、同棲の時期を真剣に話し合ってくれるものです。

なので女性側も、「男性側が結婚を意識しているかしていないか」は、 分かりやすいと思います。

もし仮に、遠距離恋愛をしている、他に好きな人がいる、など、 恋のリスクとなる様な事があったとしても、 本気で結婚を考えている男性には大したリスクにならないものです。

どのくらいでそのリスクを解消出来るか、「具体的な」日時、時期を「真剣に」話し合って、 きちんと提案、報告もマメにしてくれます。

今付き合っている人がなかなか結婚に踏み切ってくれない、 リップサービスは旺盛だが行動が伴っていない場合は、 思い切って別れてしまうのも手です。

その後に「自分に合う男性が現れなかったらどうしよう?」と言う心配もあると思いますので、将来的にやりたい事の資格を取得した後や、今の仕事がおおむね片付いた時期 など、自分自身がバージョンアップするまで付き合っておいて様子を見た後でかまいません。

時間は有限ですので、 「男性に結婚を踏み切ってもらうのを待つ」だけでなく、 「◯月までに資格を取得する」「◯月までにこの仕事を片付ける」など、 自分の目標にも期限を付けましょう。

結婚は、男性だけの問題ではなく、女性側の問題でもあるからです。

「結婚を決めてくれない!」と男性のせいばかりにする訳に行かないですよ。

関連記事
結婚しない男の心理
男性の脈あり行動
バツイチ男性の心理



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -