年上彼氏との付き合い方

「年上」と一言に言っても、年上と認識する歳の差って、人それぞれだと思います。

私の場合、一応年上の旦那がいますが、学年で言うと1歳差なので、あまり「年上」って認識はありません。

それは旦那も一緒で、私に対して「年下の妻」と言う認識はないそうです。

大体、3歳くらい違うと、体験したニュースや事件など、それについて感じた状況が変わって来るので (例えば、3年違うと高校生と中学生の違いになるので、同じニュースを体験してもその感じ方が違う) 「年下」「年上」とちゃんと認識するのは、3歳差だと言えます。

まあ、個人差はあれど、3歳差くらいが、「年の差がある」という感じでしょう。

あなたの好きな男性が、年上ならば、 「甘え上手」になる事をお勧めします。

男性は、弱いものを守りたい、と言う本能があるので、 年下の女性を守りたい、と思うものだそうです。

年下の彼女に対して「色々ケアしてあげなきゃ」と思うんだとか。

そこで、あまりに年下の女性側がしっかりし過ぎていると、 男性の立場が無くなってしまう様に感じるらしいです。

ここは、年上の男性のプライドを立てるつもりで、 「甘え上手」になってしまいましょう。

重い物を運んでいる女性に、男性が「荷物を持つよ」と言った場合、 思い切ってそれに甘えるだけでも良いんだそうです。

・・・過去、負けず嫌いの私は、、「荷物持つよ」と言われて、 「チッ!」と舌打ちして睨んでしまった事が多々あるのですが、、 それはもちろんNGだそうです(^^;) (気の強い女を我が物にしたいと言う男性にはたまらないシチュエーションかな?(笑))

頼る分野では特に、その男性の得意な事を頼ると好感度1000%です!!

例えば、パソコンが得意な男性にパソコンの使い方を聞く、とか、 アウトドアが好きな男性にアウトドアについて聞く、とか、 機会があれば一緒について行っちゃうとか(*^・^*)!!!

それで、あなたの経験値も磨かれれば、楽しいし楽だし(笑)、 一石二鳥じゃないですかっ! (あ、一石三鳥、四鳥にもなるかも知れませんよね)



関連記事
年上彼氏の呼び方
10歳年上の恋人
彼氏とうまくいかない



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -