倦怠期を乗り越える方法

私は恐らく、人から見て「恋多き女」だったでしょうが、 結婚してからの私は真面目に一途です。

結婚するまでの私の恋は、「3年」が寿命でした。

向こうが心移りした、とか、亡くなった、と言う理由以外は、 3年は続いていたんです。

だけど、結婚って「3年」じゃ済まないですからね。

天皇陛下は、皇后陛下と「金婚式」を迎えたそうです。

金婚式?と思って調べてみたら「結婚50周年」!!

この◯婚式って、まだランクがあって、 一番最高ランクが「ダイヤモンド婚式」だそうです。

「結婚75周年」だそうです。

私が28歳で結婚したから、28+75=103 103歳でダイヤモンド婚式!!! ・・・

それまで生きてるかなあ? ・・・話が反れました(^^;

つまり何が言いたいかって言うと、 「結婚したらずっと恋人同士」って事です。

3年で終わる恋は、長くも何ともなかったんです。

今の旦那とはまだようやく3年過ぎた所ですが、 独身時代付き合ってた彼氏とは違う手ごたえがありますよ。

まだ3年なのであまり説得力がないのが悔しいですね・・・。

けども、今までの彼氏とは明らかに違います。

「恋多き女」だった私が、「倦怠期を乗り越える方法」を皆様に伝授して差し上げましょう!!!

目指せ!ダイヤモンド婚式!!(その時旦那は105歳!)

今までの彼氏なら、「楽しければそれでOK」な所がありました。

どんなに楽しくても、嫌な所は蓋をして見ない振りをして来ました。

それは私の方だけじゃなく、彼氏側もそうだった。

実際、彼氏は私の嫌な所を見ると、「何も見なかった」と言って笑いにすりかえていました。

その時には楽しかったけれども・・・。

私の旦那は、私の嫌な所や欠点を見ると、細かく突っ込んで話し合いをします。

時には怒鳴って泣いてまで、私の欠点と向き合おうとします。

その時は私の方も必死で話をすりかえようとしますが、本気の男性にその手は通用しません。

その時は「ウザイな」と思ってしまいますが、後でとても感謝でいっぱいになります。

私が思うに、倦怠期を乗り越えるには、日々お互いがどれだけ向き合ったか、で決まると思うんです。

問題をすり替え、すり替え、笑いに変えていると、いざ問題が起きた時に、 お互いの信用度が低いので、あっという間につまらない事で別れてしまいます。

原始的で地道ですが、倦怠期を乗り越える秘訣は、表面的な「恋愛テクニック」ではなく、

  • ちゃんとお互いが悪い面を叱り合う
  • ちょこっとしたトラブルごとにきちんと話し合いをする
  • 人生の価値観が同じ方向を向いている

などです。

きちんと向き合って恋を続けたいならば、ちょっとした疑問点をその日のうちに解決すると良いです。

人生の価値観とは、お金や仕事、子供や将来のビジョンについてです。 お互いのズレを、毎日細かく修正して行く。

そのうち、お互いが同じ方向を見れる様になります。

もしそうしてくれない人なら「タダの恋人」として割り切って付き合うか、 そうでないなら話し合ってみて、応じない様なら別れても良いと思います。

そうしないで引っ張っていると、いずれ破綻してしまうと思います。

自分がそうだったので。

関連記事
倦怠期の時期
自然長滅の心理
振られる前兆



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -