異性の友達とデート

異性の友達とデートする、と言う事は、 その「友達」はすでにお互いにとって(もしくは誘った側にとって) 本当の意味で「友達」ではありません。 これから、友達から一線を越えた付き合いになるって言う事なんです。 しかし、今まで「友達」であった部分は、これからより一層、深くシェア出来ると思って良いです。 例えば、同じ仕事であるとか、興味や趣味のジャンルが一緒である、とか、 共通しているものがあるでしょう。 「友達」が「恋人」になっても、 「友達」がこれからも「友達」であっても(セ○レって意味かな?) この共通項だけは色あせる事がないし、 むしろその「共通項においてのライバル関係」になりやすい傾向があります。 私の場合、趣味であるイラストやデザイン、絵画などの共通項がある男性と、 「友達」から「恋人」としてお付き合いをして行くパターンが多かったですが、 その経験上、例え別れた後も、その「共通項」の部分だけはずっと繋がっていました。 なので、異性の友達とずっとこれからも付き合って行きたい場合は、 (それが恋人と言う形であれ、セ○レと言う形であれ) 「共通項」である部分を磨く事だけは怠らないようにしてください。 なぜなら、それがあなたの魅力になり得るからです。 恋愛と言うのは、一言で言えば「交換」です。 魅力に惹かれる、と言うけれど、その「魅力」とは何か、と言うと、 ズバリ「自分にない部分である」と言う事。 自分になくてその異性が持っているものに、惹かれる部分が「魅力」と言う事です。 その「魅力を交換する」のが恋愛だと言えます。 気持ちの交換、体液の交換、愛の交換、・・・ ね?恋愛って「交換」でしょ? 今風に言うと「シェア」ですかね? どうせ、付き合う事になるのなら、どう言う形であれ、 ゴールは「お互いが笑顔になる」ものでありたいもの。 異性の友達と向き合って付き合う事で、 仕事や趣味の方面でお互いスキルアップし、飛躍出来る形が、 一番良いと思います。 そうなれる様にするには、デートを重ねていくうち、 お互いどうしたいか、の希望を少しづつ聞いて、 折り合いを付けていく事が大切かと思います。



関連記事
付き合いたては不安
男性の脈ありメール
女好きの特徴



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -