付き合いたては不安

付き合いたての時の不安は誰に聞いても、 「自分の事を深く知って、好きな人に嫌われたらどうしよう?」 と言う所にあると思います。 そのお互いの「不安」や「欠点」は、いきなり解消するんじゃなくて、 少しづつ少しづつ、デートの回数を重ねていくうちに、 2人の間で上手く交渉をして、折り合いをつけていくべきだと思っています。 こんな風に、「交渉」なんて言うとビジネスみたいで嫌だ、 愛とはもっと純粋なものであるべきなのに! なんて言う意見も聞こえて来そうですが、 恋愛ってビジネスに似ている、と言うのが私の自論なのです。 どうして似ているか?と言うと、 ビジネスにおいても人間関係、恋愛においても言える事なのですが、 同等の価値のモノでしか「交換」されない、と言うのがあります。 その価値、とは魅力、お金、知識、時間、など色々あるのですが、 例えばどうして「援助交際」が成立するかと言うと、 若さと美しさを持っている女性の「価値」と、 それをお金で買う男性の財力の「価値」が釣り合っているからです。 ビジネスにおいてもそれは言えて、 自分の生活を向上させたい、と言う思いからモノを買いますよね? あれは、「幸せをくれるであろう製品」を、「それに見合った金額」で買うから成立するんです。 つまり「幸せ」と「金額」が同価値である、と言う場合に商売は成立します。 ・・・夢のない話をスミマセン。。 でもつまり、そう言う事なのです。 「付き合いを進める上での不安」は、 製品の取扱説明書みたいなものだと思ってください。 製品の取扱説明書は、買った始めの方に見ますよね? 製品保障が切れる時に(この場合だと結婚に当たる) 見せられても意味のないものです。 (と言うか、結婚が決まって直前に「実は○○なんだ!」とカミングアウトされた経験がありますが、 すごく裏切られた気持ちになり、悲しかったです。) 製品の取り扱い説明書、と言っても、私達は人間なので、 書類で見せる訳には行きません。 なので、どうするか、と言うと、デートを少しづつ重ねて行って、 折り合いを見て自分の不安に思っている事、欠点、 これからどうしたいか、をゆっくり小出しにして話し合うのです。 何でも、急はいけないので、とにかくゆっくり、 相手の出方を見ながら、話し合ってみてくださいね。



関連記事
そっけない態度の心理
見つめ合う心理
付き合うタイミング



Copyright © 2012 今日の友達、未来の恋人 All rights reserved.
- テンプレートマジック -